消費者金融大手のプロミスの新事業!

これは消費者金融大手としては参入は初めてとみられる。。


低金利融資インターネット情報のインフォメーション


消費者金融大手のプロミスは4月から、中小の医療機関や介護事業者向けの診療報酬
・介護報酬立て替えサービスを始めた。
これは消費者金融大手としては参入は初めてとみられる。

サービスを行うのはプロミス子会社のDoフィナンシャルサービス。
国民健康保険や介護保険などの利用後、診療報酬や介護報酬の入金まで
には50−60日かかるため、同社が医療機関や介護事業者の債権を買い取った
上で、過去の返戻率などを踏まえ、請求額のうち一定額を支払う。
審査支払い機関が支払額を確定させた後、同社が支払いを受け、差額を
医療機関や介護事業者に支払う。手数料は請求額の1−3%となる。

  プロミスでは同サービスの対象顧客として、主に200床以下の中小の医療機関
やデイサービス、デイケアなど通所系サービスを行う介護事業者などを想定
している。

プロミスの担当者によると、同社ではサービスの開始に先立ち、医療系
コンサルティング会社を通じてニーズ調査を行ったほか、40−50程度の医療機関
や介護事業者へのヒアリングを実施。立て替えサービスへのニーズは「大きい」と
判断したという。


低金利融資インターネット情報

inserted by FC2 system